MISAO Project

English version       Home Page       Updated on February 14, 2015

    ユーザー紹介    

PIXYシステム2を利用されているユーザーや、PIXYシステム2が利用された事例などを紹介します。

o アストロアーツ社の製品

PIXYシステム2のマッチング機能をC++に移植したライブラリが、株式会社アストロアーツの製品に使用されています。

天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ」
画像マッピングの自動位置合わせに使用されています。
統合型天体撮像ソフトウェア「ステラギア」
望遠鏡自動導入の導入補正に使用されています。
移動天体サーベイシステム「ステラハンター・プロフェッショナル」
検出した天体の位置測定に使用されています。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、ステラハンター・プロフェッショナルを使用して、20等から21等の小惑星を発見しています。

o NASAの航空機に搭載された望遠鏡のポインティング

NASAの遠赤外線天文学成層圏天文台(SOFIA)では、ボーイング747-SP航空機に搭載された2.5メートル望遠鏡のポインティングに、PIXYシステム2が利用されています。 PIXYシステム2のソースコードは公開されているので、Bob Loewenstein氏がPIXYシステム2を書き換えて使っているそうです。

SOFIA - Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy
http://sofia.arc.nasa.gov/

o OpenCoeliのカタログ読み込み機能

オープンソース天文ソフトウェアであるOpenCoeliでは、50種類以上のカタログを読み込める機能を、PIXYシステム2のライブラリを利用して実現しています。

OpenCoeli
http://kotek.net/opencoeli

o クロアチアの流星画像解析

クロアチアの Hrvatska Meteorska Mreza (Croatian Meteor Network) では、流星画像の解析に、PIXYシステム2を利用しています。

Hrvatska Meteorska Mreza
http://www.astro.hr/hmm/index.html

o ブラッドフィールド彗星の確認

2004年3月23日に、オーストラリアのWilliam A. Bradfield氏によって、8等の新彗星が発見されました。 この彗星は、夕方の地平線すれすれで発見されたため、条件が厳しく、2週間もの間、誰も確認することができませんでした。 その後、4月8日と9日に眼視で再び捉えられ、11日と12日にはTerry Lovejoy氏がCCDで撮影に成功し、ようやくC/2004 F4(ブラッドフィールド彗星)として公表されました。 その時、彗星はすでに3等まで明るくなっていました。

4月中旬には太陽に接近したため、結局、近日点通過前のこの彗星の撮影に成功したのは、世界中でTerry Lovejoy氏ただ1人でした。 彗星の軌道を求め、発見を公表するために、Lovejoy氏の画像から急いで位置を測定することが必要でした。 Lovejoy氏は、夕焼けの中、地平線すれすれにかろうじて写った彗星の位置を、PIXYシステム2を使って求め、天文電報中央局に報告しました。

ブラッドフィールド彗星の発見と、Lovejoy氏の求めた位置は、IAUC 8319で公表されました。

COMET C/2004 F4 (BRADFIELD)
IAUC 8319

Lovejoy氏が撮影したブラッドフィールド彗星の画像は、下記のページで公開されています。

G A R Y W. K R O N K ' S C O M E T O G R A P H Y
C/2004 F4 (Bradfield)
http://cometography.com/lcomets/2004f4.html

o 微光の人工衛星の位置測定

Rainer Kracht氏は、2003年3月12日に75mm f/1.3カメラレンズで撮影した画像にかすかに写った、GEO331という人工衛星の位置を、PIXYシステム2を使って求めました。

GEO331 videoobs
http://satobs.org/seesat/Mar-2003/0154.html

o 星空図書館の画像処理

伊藤智行氏の「星空図書館」

http://www.kcv.ne.jp/~totomo/tosyokan/

では、毎晩自動的に星空を撮影した画像が、リアルタイムで公開されています。

「星空図書館」では、PIXYシステム2のAPIを使って、格子模様の除去を行った画像が公開されています。

o ASAS-3の最新彗星・新星画像

PIXYシステム2には、プラグインエージェントの仕組みが備わっており、PIXYシステム2に独自の拡張を施すことができます。

吉田誠一のホームページで公開されている

では、ASAS (All Sky Automated Survey)のサーベイ画像に写った、彗星や新星の最新画像を公開しています。

ここでは、PIXYシステム2のプラグインエージェントを使って、ASASのサーベイ画像から彗星や新星が写っているものを自動的にダウンロードして、半自動的にページをアップデートしています。

Copyright(C) MISAO Project (comet@aerith.net). All rights reserved.